【ジブリ都市伝説#2】崖の上のポニョにまつわる数々の都市伝説~物語の舞台は死後の世界だった~

ジブリ都市伝説
スポンサーリンク
みかじゅん
みかじゅん

皆さんこんにちは。みかじゅんです。

今回は「ジブリ都市伝説」シリーズです!

「崖の上のポニョ」にまつわる都市伝説をご紹介します。

 

Mr.博士
Mr.博士

今日は「崖の上のポニョ」にまつわる都市伝説

を一挙に紹介してくぞ~。

とし子
とし子

ぽ~にょ ぽ~のにょ ぽにょ

さかなのこ~。…懐かしいな。

 

スポンサーリンク

ジブリの世界の境界線を越えたポニョ

突然ですが

ジブリといえば宮崎駿ですよね。

 

宮崎作品にはそれぞれ

異なった世界観時間軸

存在していますよね。

 

そしてどれも名作…。

 

一見繋がりがないように見えますが

1つの共通点が存在しています。

 

それは…

 

境界を越えても必ず戻る

 

という点です。

千と千尋の神隠し

例えば「千と千尋の神隠し」で千尋とその両親は

不思議な世界迷い込みますが

最後には元の世界に戻りましたよね?

 

トトロ

「となりのトトロ」でも

サツキとメイはトトロの住む

不思議な世界と接点を持ちますが

最終的には普通の暮らしに戻りますよね。

 

その他の作品で考えても

必ず自分の在るべき世界に戻る

という共通点があります。

 

宮崎作品は

境界の向こう側とこっち側が重なったときに起こる話』であり

主人公は境界を行ったり来たりするが、

今までは絶対に『帰ってきた

そして『あちらの世界からは戻れない

というのが掟のようになっていました。

 

そういった作品の中「崖の上のポニョ」は

その境界を越えた初めての作品といえます。

 

 

今までは頑なに守ってきた絶対に戻れない一線を越えて、

宗介(宮崎)はとうとうあちら側に行くことを「選んで」しまった。

尚且つ、周囲の人々や母も道連れにして。

 

という作品になっています。

 

これには宮崎駿からの

メッセージが隠れているのではないか

と考えられますが

筆者である私自身、未だによくわかりません。

 

スポンサーリンク

死後の世

 

映画の作中の中で、

津波が宗介の住む町を飲み込むシーンがありました。

 

そして“生命の泉”を爆発させてしまい

世界には“大穴”が開くという事態になりました。

 

そして人工衛星が落ち始めるほどに重力が崩壊し、

月が地球に急接近するほどの危機的状況…。

 

ポニョ 町

ですが不思議なことに全員無事生還しています。

とし子
とし子

みんな強いな。

そして老人ホームにいた座ったままの老人たちの

足が急に動くようになったり、水の中で呼吸ができるようになります。

 

しかしこれに関して

大人達は誰一人不思議に思わないのです。

とし子
とし子

たしかにそんなシーンあったなぁ~。

これに対し宗介は不思議に思いますが

 

宗介の母は意味深な言葉を残しています。

 

今は不思議なことがいっぱい起きているけど、後で理解することができる

 

これはどういった意図があるのでしょうか?

人それぞれ受け方が異なるでしょうが、私はこれに対して

 

全員がもともと死んでいるからではないか

 

という考えに至りました。

また、都市伝説はこの説を推しています。

 

いくらなんでもおかしくないですか?

宮崎作品はファンタジーとリアリティが混在しています。

だからこそ面白いのです。

とし子
とし子

ポニョだけリアリティ無視?

スポンサーリンク

ポニョは死神?ブリュンヒルデ

ポニョ

↑キス…?

 

ポニョの本名はブリュンヒルデとされています。

 

ブリュンヒルデというは、

北欧神話に出て来るワルキューレ(ヴァルキリー)の1人です。

 

ワルキューレは戦さで勝敗を左右し、

戦死した者をオーディンの神殿(ヴァルハラ)に連れていく役割を担っています。

そしてポニョの名前であるブリュンヒルデは

この9人いるワルキューレの長女なのです

 

つまり…

死者をあの世に連れていく

これがポニョの役目。ではないだろうか。

とし子
とし子

つまり宗介はこの世にいない..?

 

そして死者を連れていく役割を持つ名前を持つことから、

ポニョは死神に似たものではないかと囁かれています。

 

また「境界の向こうに人を連れて行く能力」をポニョは所持しています。

そのためポニョにキスされた人は、

 

境界の向こう側に住む資格をもらえる

 

また、時には強制的に連れて行くこともできる。

とされています。

スポンサーリンク

宮崎駿のことば

宮崎駿はインタビューに対してこのように答えています。

TOKYO, JAPAN – SEPTEMBER 06: Animator/ Director Hayao Miyazaki attends a press conference to announce his retirement on September 6, 2013 in Tokyo, Japan. (Photo by Jun Sato/WireImage)

 

「ポニョがポニョを貫き、宗介が宗介を貫く。

みんな良かったねというところへ、最終的には向かいました。

また海と陸は、この世とあの世とか生と死とか、

いろんな言い方ができるが、五歳の子どもが分かってくれればいい。」

 

ん~。難しいですね(笑)

宮崎作品はファンタジーとリアリティが混在しています

だからこそ面白いと思います。

 

私なりの考えでは

「崖の上のポニョ」だけファンタジーで終わらない。

ということです。

 

「五歳の子どもが分かってくれればいい」は

五歳の子どもなりの解釈。で良いということであり、

 

宮崎駿自身は描写はしていないが

彼が伝えたかった「生と死」というメッセージ

自分なりに理解してほしいのだと思います。

スポンサーリンク

まとめ

ではまとめていきます。

  • ポニョはジブリの境界線を越えた
  • 物語は死後の世界であった
  • ポニョは「あちらの世界」に導くことができる
  • 宮崎駿のメッセージは難しい!!!!

 

崖の上のポニョは可愛い印象が強く

シリアスな描写が少なくなっています。

 

だからこそ

そこに隠れたメッセージは読み取りにくく創造が膨らむ

のではないでしょうか?

 

ジブリには様々な都市伝説がありますが

どれも世界観の設定が細かく

宮崎作品独特な現代に対する比喩が織り込まれています。

 

それを考えていくことで

宮崎駿の本当のメッセージが見えてくのかもしれませんね。

 

合わせて読みたい記事↓

【ジブリ都市伝説#1】千と千尋の神隠しの幻のラストシーンについて!?映画館で観た人続出!?
みかじゅん 皆さんこんにちは。みかじゅんです。 今日は映画「千と千尋の神隠し」の都市伝説についてお話します。 噂されるエンディング後のシーンの真実とは!? 千と千尋の神隠しの幻のエンディン...

 

 

信じないかはあなた次第です。

 

みかじゅん
みかじゅん

いかがでしたか?宮崎駿…。

都市伝説なのか本当にメッセージなのかは

分かりませんが、とても興味深いですよね。

ではまた次回の記事でお会いしましょう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました